桂三風公式サイト さん風のたより
プロフィール 落語・イベント出演情報 客席参加型落語 お問い合せ
カテゴリー
リンク
記事検索
 
自然の力
雨が少ないが紫陽花が今年も梅雨の到来を感じさせてくれる。

そんな穏やかに思えた昨日の朝。
久しぶりに脅威を感じた。
何を思ったか?朝からチキンナゲットが食べたくなり天ぷら鍋で揚げ終えたところであの揺れだった。
火は消えていたが、中の油が波を打ってちょっと溢れた。
揚げてる最中だったら?と思うと…
ちょっとの違いで本当に助かった。

京都市内の学校は、早々に休校が決まった。
この日は、滋賀県彦根市のある中学校へ落語ワークショップの打合せに行く予定だった。
先方から予定通りの段取りをしている旨のメールをいただき。
「まあ、車で早めに出れば震源地とは方向も逆だし」と考えて出かけたものの。
五条通りが動かない。
みんな考える事は一緒だった。
結局、無理をせずに延期していただいた。
自然の力の前に人間は本当に無力。
今後、先の熊本地震のように余震の方が本震になる事も考えて、引き続き注意しましょう。
2018/06/19
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
【よしもと祇園花月本公演】

iPhoneImage.png

【日時】
7月11日(水)
開演12:30(開場12:00)
【場所】
よしもと祇園花月(京阪祇園四条下車東へ徒歩10分)
【出演】
[漫才・落語]ザ・ぼんち/桂三風/ヒューマン中村/アインシュタイン/ミキ
[新喜劇]清水けんじ/浅香あき恵 /安尾信乃助 /他
【料金】
前売り3700円 当日4200円
【お問い合わせ】
チケットよしもと 0570-550-100

| 桂三風 | 落語・イベント出演情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
創作落語を作る

新作は、浮かぶ時は浮かぶが…
意識しなければ何も出来ない。
作品を作る機会はとても大事だ。
『五ツ星創作落語会 ごちそう倶楽部』から一緒のあやめ姉さんや遊方さんと『できちゃったらくご会』からの三金さん、南湖さん。
みんなと一緒でなかったら…駄作がほとんどとは言え200本近くも作ってなかった。
今回は、メンバーのそれぞれの作品の作り方をエンディングで披露。
テーマを決めてキャラを決めて、オチに向かってキャラを動かして行く作り方。
古典の骨組みを使って現代に使えるように構成する作り方。
みんな基本的な作り方はよく似ている。
新作の場合は、ほとんど稽古しない。
いや、この会の場合は作るのにいっぱいいっぱい。
それでもセリフが出てくるのは、噺を作っているうちにイメージが頭に入っているからと言うのがメンバー共通の認識。
コレをもう数週間前にやってたらかなりクオリティが高い作品になるのだが…
切羽詰まらないと創作意欲が湧かないというのもメンバー共通の認識でした。
2018/06/15
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
備え付けテレビ

コインランドリーにある備え付けテレビ。
洗濯機の音が大きいのでほとんど音が聞き取れないし、じっと見てる人なんかほぼおらんのにいつもついている。
誰もいない場合は消すが、誰かいてる時は消しにくい。
中には、もともと消えてるのにわざわざつけてテレビも見ずに携帯いじってる人もいる。
何のためにつけるのか?
久しぶりにコインランドリーに来た。
晴天が続いてたからか?
今はお客様ゼロ。
もちろんテレビは消したまま。
ゆっくり稽古できました。
2018/06/14
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
今年は…
まもなく師匠のお誕生日がやってくる。
毎年、会場選びには苦慮している。
会場は、安い居酒屋という訳にはいかないし高級過ぎるとまた予算面で厳しい。
プレゼントも同様に悩む。
たいていのモノはお持ちだし、もちろんお金も持ってらっしゃるし。
しかし、今年はありがたい。
お誕生日の7月16日は、市内港区で師匠の落語会。
「終わってから【地底旅行】でもええやないか」師匠自ら提案して下さった。

【地底旅行】は港区市岡にあり、長らく三枝一門を中心に『地底旅行寄席』をさせていただいていた会場で地ビールが美味しいお店。
ホールには今もステージがあり、照明や音響機材も残っていた。
プレゼントも“座布団”で決まり。
先日の師匠の独演会で独演会用の座布団が若干擦り切れているのを見つけて師匠に今年のお誕生日にプレゼントさせて下さいと言うと「ええやないか、どうせなら大きな座布団が欲しいねん」とこちらも師匠に決めてもらった。
【繁昌亭】の座布団を作ってくれている【石橋ふとん店】さんに相談して二四巾の座布団を特注。

色目も師匠に選んでいただいた。
細かい段取りは要るものの、今年はちょっとホッとしています。
2018/06/14
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
座組み

今週は『繁昌亭昼席』に出演している。
昨日は、鳥取や生駒から私のお客様もたくさん来て下さった。
もう、何回も私の出演の日に合わせて来て下さってる生駒の“山紫会”のメンバーの皆さんが終演後「今回が一番良かったわ」とおっしゃた。
以前ご覧いただいた噺とかぶらないように最新作「幸せの壺」を演ったのが良かったのかと思ったら…
番組が良かったそうだ。
今席は…古典あり、新作あり、エンターテイメントあり。
飽きさせないプログラムだったらしい。
17日まで毎日出演中!
今席は、自作の新作ばかりさせていただきます。
2018/06/13
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
当たり前がありがたい

今日から『繁昌亭昼席』
いつもなら必ず出番前に立ち寄る【喫茶ケルン】さんが閉まっている。
マスターしばらく入院されるようだ。
【繁昌亭】の前に【喫茶ケルン】という当たり前の光景がシャッターで閉じられてるのは寂しいけど。
しっかり治してください。


新幹線車内で痛ましい事件が起こった。
たまたま同じ新幹線に乗っていた落語家の桂ぽんぽ娘さんがテレビの取材に答えていた。
彼女の手が震えてた。
相当恐ろしかったのだろう。
当たり前の日常がホントありがたいとつくづく思う。
2018/06/11
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
捨てる紙

トイレットペーパー収集家の私は、普段愛用のトイレットペーパーにもこだわりがある。
最近では“シャワートイレのためにつくった吸水力2倍のトイレットペーパー”厚口タイプを使っている。
ところが、安かったんやろなぁ…
私に内緒でうっすいうっすい透けて見えそうなのに取り替えられていた。
「なんでいつものとちゃうねん?」
「どうせ捨てる紙やん!」
情けない。
我々はそれを消費する過程で評価するのだ。
ほな、食べるもんも何でもええんか?
どうせウンコにするもんなのか?
ちゃうやろ?
金額にして1ロール10円程度高いだけや。
そんなとこケチるんやったら冷蔵庫に入れ忘れてズルズルになったほうれん草の方がもったいないわ!
と・・・大きな声で言えないのが情けない。
2018/06/11
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
生駒バージョン

『桂文枝独演会』で生駒へ。
昨年から今年にかけて3カ月間『桂三風の落語塾』の講師として、ほぼ毎週通った町。
ずいぶん生駒についても詳しくなった。
そこで「引き出物」(作:桂三枝)を若干設定を変えて生駒バージョンでやってみた。
噺のはじめは、家業の茶筅作りを継ぐため会社を辞めて結婚した部下の結婚式でもらった引き出物の数々が生駒の特産品という設定。
“レインボーラムネ”や“ひょうたんから生駒”(上田酒造の酒)や“ころもち”(高山製菓のおかき)が次々と引き出物の袋から出て来るたびに笑いが起こる。
コレってめちゃくちゃ卑怯なった演り方かもしれないが…地元のお客様の満足度は高い。
取材さえしっかりしておけば、他の町でもいろんなバージョンで出来そう。
今日は、いい勉強ができた。
さて、今度は全編新作で生駒をご紹介。
『生駒の噺を楽しむ会』
【日時】
8月8日(水)
開演12:30(開場18:00)
【場所】
生駒市図書会館(近鉄東生駒駅より北へ徒歩10分)
【出演】
桂三風/月亭遊方/桂三実/十手リンジン
【料金】
1000円(全席自由)
【お問い合わせ】
生駒市図書会館 0743-75-5303
是非、いらして下さい。
2018/06/09
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
【第113回創作落語の会】

【日時】
6月30日(金) 開場17:30 開演18:00
【会場】
天満天神繁昌亭
【料金】
前売り3500円 当日4000円(全席指定)
【出演】
桂 三度「心と心」
林家 愛染「鉄道風景」
笑福亭仁智「竜宮城の戦い」
〜中入り〜
桂  三風「幸せの壺」
桂 文枝「或るマジシャンの死」
【チケットお問い合わせ】
チケットよしもと 0570−550−100
[Yコード:503−035]

| 桂三風 | 落語・イベント出演情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>
 
Copyright (C) 2007 Sanpu Katsura All Rights Reserved.