桂三風公式サイト さん風のたより
プロフィール 落語・イベント出演情報 客席参加型落語 お問い合せ
カテゴリー
リンク
記事検索
 
発表会

生駒市図書会館で開講している『桂三風の落語塾』の受講生の発表会のお知らせです。
「ハンカチ」をリレーで口演します。
できるだけ自由に好きなように演じてもらおうと指導してきました。
受講生のオリジナリティあふれる創作落語を聞いてあげて下さい。
私も1月に作ったばかりの創作落語「とおまわし」を発表します。
【日時】
2月21日(水)
開演19:00(開場18:30)
【場所】
生駒市図書会館 2階和室
【出演】
桂三風と受講生の皆様
【料金】
もちろん無料です!
【お問い合わせ】
図書会館0743-75-5303
2018/02/14
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
“みなみのおばちゃん”のおかげで

この強烈なキャラクターは、山梨県のテレビに帯で出ていて山梨県民85万人の認知度95%だとか?
みなみのおばちゃん。
派手なピンクをこよなく愛し、豹柄のシートの軽のキャンピングカーに乗り、車のナンバープレートまで373。
すべて自腹で構成演出している。
2年前、大阪ミナミから山梨に移住したおばちゃんらしい。
みなみのおばちゃんには、親戚筋?の高杉Jay二郎がいる。
ほぼ、同じ人物だが違うらしい。
ピコ太郎の山梨版みたいなもの。
彼は、桂三枝の【芸能維新塾】の出身で落語家でないがタレント部門での桂三枝の弟子。
謂わば兄弟弟子。
DJや声優として芸能界で活躍する傍ら、近年は、師匠に高座名をもらい落語もするマルチタレント。
ハンパない行動力で全国で『落語1000本ノック』と題して勉強会を展開中!

今日は、その高杉Jay二郎(高座名:三枝亭二郎)の落語会に出演した。

前日の長坂の公演に絡めてせっかく山梨まで行ってるのだからもっと落語するところがあれば…と彼に打診して企画してくれた落語会。
商店街の一角にある【スペース・アンド】さんは地域寄席にはピッタリのスペース。
みなみのおばちゃん、いやいや三枝亭二郎との兄弟会は楽しかったです。
2018/02/11
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
定着へ

今年も山梨県北杜市にやって来た。
『長坂まちなか寄席』
ポスターやチラシに“爆笑本格上方落語”と書かれているのはちょっと照れる。
本格かどうかはわからないが、毎回爆笑を取れるように精一杯努めている。
会場となる【長坂コミュニティステーション】は450席。

当初は真ん中通路に紅白幕が張られその前の200席くらいのスペースも結構空席が目立った。
関東圏の山梨ではなかなか上方落語の馴染みがなく苦戦の連続。
毎年、主催者から「近所で不幸がありまして…」とか「地域の文化行事が重なりまして…」とか聞かされていた。
そう毎回、会の前に誰か亡くなるか?
このままでは『長坂まちなか寄席』が不吉な会になりそうだと思ってた10回目。
ゲストに師匠の六代桂文枝が決まると即日完売。
ご近所に不幸もなかった。
それから2年。

認知度も高まり今回は300人以上のお客様。
後ろ3列だけ仕切りがされていた。
「あと3列かいな!」
定着させるには時間がかかる。
根気よく毎回いい高座を務め、いつかゲストに頼らなくても満席になるように主催者の皆様と努力してまいります。
来年もよろしくお願いします。
2018/02/10
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
理事選挙

日本相撲協会の理事選挙がえらい盛り上がっている。
なりたい人が立候補する理事選挙と言うのはわかりやすい。
上方落語協会では、一門の構成人数に関係なくほぼ一門から1人が理事になっている。
協会に対する熱い思いがあっても理事にならなければ理事会に参加できなので総会に議案として提出される事も難しい。
日本相撲協会が羨ましい。
どうせなら選挙戦があったらわかりやすいのになぁ。
上方落語協会やったら理事選挙立候補予定者が天神橋筋商店街で街頭演説するとか…
日本相撲協会ほどではないがマスコミが注目してくれそう。
2018/02/02
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
滋賀県勢

センバツ高校野球に滋賀県から近江、彦根東、膳所の三校が選ばれた。
かつて滋賀県民は、春には応援するチームがなく。
出て来ても初戦敗退が当たり前。
夏にいたっては、京滋大会で京都勢の壁に阻まれ、以後福井との福滋大会になってコレまた福井勢の壁に阻まれて寂しい思いをして来た。
ところが今回は三校。
滋賀県民にとって、ちょっと楽しい春になりそうです。
2018/01/27
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
襦袢Tシャツ

三遊亭白鳥師匠が先日の『できらく!』のゲストで出演した時に着ていた襦袢Tシャツ。
襟元だけ半襟になってる優れもの。
コレなら気楽に洗濯できる上に荷物がかさばらない。
早速、ネットで購入して着てみた。

どうも胸元の開きが気になる。
コレくらいが普通なのだろうが…
普段、もっと襟元を閉じ目に着てるので緩い感じがする。
おまけに下半身が覆われてないので頼んない。
クールビズのノーネクタイが頼んないみたいな感じ。
コレ遊び着ならいいかもしれないが…
やっぱり仕事着はグッと締めた方が私はいいかなぁ…
2018/01/26
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
島之内寄席で『五代目桂文枝孫弟子の会』

先代桂文枝師匠は、たくさんの人気落語家を輩出されました。

その人気落語家の弟子たちの落語会です。

現在五代目一門は60人からなら大所帯ですが…

私が入門して間のない頃は人数も少なく

毎年五代目一門で泊まりがけの新年会がありました。

私が当番に当たった年は石切の【ホテルセイリュウ】を予約しました。

何かアトラクションをご用意しなければ。

そこでミナミの系列店【オーセイリュウ】のサンバショーを宴席でやってもらう事になったのですがミナミのショーが8時からなので6時半には出たいと言われ急遽食事を始めて5分後の6時5分からサンバショーをしたら兄弟子の皆さんからえらい怒られました。

ところが、先代文枝師匠は「おもろいやないかぁ〜」とサンバチームと一緒になって踊って下さったのです。

先代の遊びごころを忘れずに楽しい高座を目指します。

是非、ご来場下さいませ。

2018/01/19
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
池田のえべっさんへ

池田ロータリー倶楽部でのトークショー「今年はこうなる2018」で池田へ来た。
ここは内弟子時代を過ごした街。
その後も【三枝一門会】で年に数回、また『池田サンバカーニバル』で毎夏来ていた。
最近では『社会人落語日本一選手権』の審査員や【落語みゅ〜じあむ】の出番で来ているが…
池田のえべっさん【呉服神社】には参った事が無かった。
今日は、えべっさん。
えべっさんの日に池田でお仕事いただいたのも何かの縁。
「そや!池田のえべっさんにお参りしよう」
かなり早めに楽屋入りしてたのでちょこっとお参りして来た。

お昼前という事もあってがら空き。
ええわぁ。
他所のえべっさんでは考えられんくらいお参りしやすい。

ささやかな熊手を買っただけやのに。
可愛い福娘が何度も私の頭上に福鈴を振ってくれた。
サービス満点!
楽屋に戻ると…
昼食なのに、ものごっついええお弁当が届いていた。

早速、御利益あったかな?
2018/01/10
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
新幹線の移動時間

新幹線で大阪から東京までの2時間半。
いつも乗る前まで「コレをしよう!」「アレもしよう!」と…
いろいろやりたい事の準備をして乗り込む。
師匠の独演会に出してもらうので「引き出物」と「花嫁御寮」と「ロボG」を繰って余った時間でマクラを考えようと思って乗り込んだ。
まずは、腹ごしらえ。
新大阪駅で買ったサンドイッチをほうばりながら…今日のマクラを考えた。
何とか筋が決まったところで京都を過ぎた辺りから「引き出物」を繰り始めた。
んん?
気がつけば左手に富士山らしきもの。

『新婚さんいらっしゃい』の前説をしていた頃。
となりに座った構成作家の尾上たかし先生が「三風くん、君アカンわ。今、グリーン車に行ってごらん。あんたの師匠は、本読んだり原稿書いたりしてはる。そこらが売れるか売れへんかの違いやで!」とおっしゃった。
まだ、内弟子だった私は新幹線の移動中が唯一師匠から離れる自由時間だったのでボーッと過ごしていたが…尾上先生に言われてネタを繰り始めた。
しばらくして尾上先生を見たら爆睡されていた。
2018/01/08
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
正月からパト電


「茶柱が立つ」とか「四つ葉のクローバーを見つける」とか…
ゲンのええ事色々あるけど。
京都に来たらコレ。
パトカーのようにペイントされた嵐電のパト電。
毎日のように嵐電を利用しててもなかなかお目にかかれない。
それが…今年初めて乗ったのがパト電だった。
こいつぁ、正月から縁起がいいわい。
2018/01/03

| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>
 
Copyright (C) 2007 Sanpu Katsura All Rights Reserved.