桂三風公式サイト さん風のたより
プロフィール 落語・イベント出演情報 客席参加型落語 お問い合せ
カテゴリー
リンク
記事検索
 
いつもと違う


毎月1回『よしもと祇園花月本公演』に出演している。
持ち時間10分の上に漫才や新喜劇を楽しみに来られてるお客様が相手だから【繁昌亭】よりアウェイ感がありここの出番は嬉しい。
今回は前説に月亭八斗クンが出ていた。
お客様からお題をいただいて10秒で答えを発表する“10秒なぞかけ”みたいなんをやっていた。
ようやるわ。
まあ10秒なので…多少出来が良くなくてもお客様には納得してもらえる。
頑張ってるなぁ。
私は漫才2本の後の3本目。
いつもなら持ち時間10分でも落語家らしく落語するのだが…すでに8分も押していたので諦めてオネオネで笑わせて3分巻いて降りて来た。
本日の実働7分。
「お疲れ様でした」と言われて楽屋出たけど…疲れてません。
オネオネもええなあ。
いつもなら楽屋口脇にある喫茶店【CORORADO】さんで“ハンバーグカレー”を食べて帰るのが定番だが…
月曜日は定休日。
今日は【志津屋】で“カルネ”食べて帰りました。
“カルネ”もええなあ。

本日で56才になりました。
たくさんのお祝いやメッセージをいただきありがとうございました。
何となくいつもと違う1日でした。

2017/06/26

| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
地方の休日から

島根県益田市の日曜日。
駅前は閑散として人通りがない。
京都や大阪で生活していると考えられない状況だが、コレが地方都市の現実。
20年ほど前によく来ていた頃には駅前は雑然としてたものの、飲食街も充実していたように思うのだが…
今は店舗が無くなり、コインパーキングにもならず更地のままのスペースが至るところに。
この町で毎月『着物パーティー』を開いてるのが【?島屋呉服店】さん。
今回は、私が落語をさせていただきました。
「着物文化を広めるだけでなく、こうして人が寄る事が大切だ」とおっしゃる情熱的な社長さんにはファンもたくさんいらっしゃるようだった。
地方都市の活性化には大切な発想だと思いました。

帰りは広島駅までバスで。
おいおい、こんな乗車率で大丈夫?
途中の山間部のバス停からご高齢のお客様が数名乗って来た。
このタイプのバスは乗りにくい。
乗降にかなり時間がかかっていた。
ノンステップバスで座席がリクライニングになるようなバスやったら地域に優しいのになぁ。
2017/06/25
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
老化が原因?


3月下旬から喉の調子が悪い。
声がかすれる上に高座で20分以上喋ると声がガラガラになる。
知り合いの内科医の紹介で評判の耳鼻科に行って診てもらったところ。
喉頭がんやポリープではないと言われ安心した。
処方薬をいただいて帰ったが、コレが1週間経っても2週間経っても効き目がない。
経過を診てもらう度に薬が増えていく。
落語家なので早く治してあげないとと思って下さるのは嬉しいが、なんか不安になる。
そこで、落語家である事を一切隠して別の耳鼻科で診てもらった。
ー先生、どうでしょう?
ーカメラで見たところポリープなどの心配はありません。
ーほな、原因は?
ー声帯の老化ですな。声帯にしわが出来てます。歳とると声が変るでしょアレです。

あなた、普段あんまり声出してないでしょ?
ーいや、喋ってる方だと思いますが・・使いすぎですかね?
ーそれは無いと思います。
ーほな、発声が悪いです。声楽家の方知り合いにいてませんか?
ーそらまあ、いてますけど・・
ー教えてもらって下さい。
ー声の出し方が悪いです。
落語家としての生き様を否定されてるようで寂しかった。
2017/06/20

| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
笑売の仕方

落語会の見台、座布団はもちろんのこと。
高座、鳴物、音響、照明一切の設えを用意して車に積み込んで各地で落語会を開いている落語家がいる。
ここまで至れりつくせりで用意してもらったら落語会を主催する方も楽だし長く続くような気がする。
落語家以外でも車で現地に直接入ってくれる芸人の方が主催者も送迎しなくて済むから仕事が増えるとも聞いた。

落語家が飽和状態になった今。
これからは商売の仕方も考えなアカンのかな?
おもろい落語をしてたら仕事が来ると思っていたが…
2017/06/03
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
はがき代値上げで

今日から郵便はがきが62円に。
この10円は大きいなぁ。
私は落語会のDMに郵便はがきをよく使っている。
封書に比べて手に届いた時見てもらいやすいし、落語会の会場まで案内状として持参しやすいからだ。
ちょっとしたお礼状にもよく利用する。
最近は少なくなったが旅先から絵はがきで送ったり、季節のはがきを買って送ると喜んでいただける。
それもこれも52円という手頃さからだ。
それが62円。
まだまだ安いとは言え、毎回650通出していたDM代が次回から6,500円アップと思えば躊躇してしまう。

はがき1枚配るために山奥まで人手を使うのは赤字になるのかも知れないが…
キツイなぁ。
だんだんメールに移行して行くのかなぁ。


今回の『早起き寄席』ではがきのDMは最後にしようと思っています。
いつもは別納郵便で出してましたが、今回は切手を貼って私の最寄の郵便局の風景印でお届けします。
次回からは、他の落語会とまとめて封書で送ります。
2017/06/01
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
『ふれあい寄席』休止のお知らせ

天神橋筋商店街で「若手の勉強の場にして欲しい」と芭蕉堂さんの依頼を受けて2013年の10月から始まった『ふれあい寄席』
おかげさまで若手のみならず私も勉強させていただいて来ました。
ほぼ毎月開催して43回。
芭蕉堂さんのお茶菓子とお土産付きで500円という安さもあって毎回大盛況。
ただ、会場の都合で秋までしばらくお休みをいただきます。
9月からはリニューアルする【芭蕉堂天神橋筋3丁目店】で復活する予定です。
毎回、熱心に通って下さっているお客様のために、より精進して秋から又頑張ります。
申し訳ございません。
2017/05/25
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
嬉し顔


机の中を整理してたら以前に買ったBIGが数枚出て来た。
どうせ当たってないだろうけど…
ひょっとしたらと思いながらチャンスセンターへ。
「残念でした!」と言われて店を出るのには慣れている。
今日も半身は帰りかけてたら背中で「えらい、当たってますよぉ」と聞こえた。
「あら、3等38,604円当たってます!」と言われても…

残念モードで顔作ってただけに急に喜びモードの顔になられへんがな。
多分、チャンスセンターの数ある当選者の中で“つまらなさそうに当選金を受け取った男ベスト10”に入っている。
たとえ3等でもメチャ嬉しいのですが…

中学時代の学級委員長選挙で当選した時のような顔だったかもしれない。
2017/05/03

| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
町内会費

閑静な住宅街に引っ越して来て、まもなく1年になる。
今月は町内会の幹事に当たり、町内会費を集める事になった。
うちの班には既に町内会を離脱している家が2軒あるが…
今回、新たに1軒が町内会を辞めるとおっしゃった。
考えてみたら、この組織に特にメリットがある訳ではない。
町内会費を払わなくてもゴミは収集してもらえるし、街灯が切れたら付け替えてもらえる。
町内会費で旅行へ行く訳でもないし、カラオケ大会を開く訳でもない。
その癖、祭りだ廃品回収だと頼まれ事が多い。 集めた会費は貯まる一方。
そら、高齢の世帯にとったら払い損みたいに思うだろう。
たかが月500円だが…他所の町内会はどうしているのだろう?
このままドンドン離脱して行ったらどうなるの?
なんか小さなEUみたい。
7年後くらいにうちの班から会長が選ばれるらしい。
会長になって落語会を開くのが当面の目標です。
2017/05/01
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
顧客サービス

『第57回桂三風の早起き寄席』終わりました。
今回もたくさんのお客様にご来場いただき感謝しております。
開場時に表でお迎えをして、終演後送り出しをする。
自分が主催する会ではよほど大きな会場以外では当たり前のようにしている。
ところが、この様な行為を過剰サービスだと言う落語家もいる。
確かに面白い落語を聞かせてたらそれで充分サービスしてるのかも知れないが…
お客様あっての商売だし、私は過剰サービスとは思わない。
それで値打ちを下げてるとも思わない。
落語家なんて所詮は河原乞食なのです。
2017/06/29
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
伊平屋島時間

沖縄国際映画祭のイベント『よしもとの落語会』
吉本興業の大崎社長と伊平屋島村の伊礼村長との約束が実った島念願の落語会と伺っていたが…

開場時間になっても誰も来ない。
200席の空席が虚しい。
村民1200人に200席は多すぎたかな。
島の中にはいたるところにポスターが貼ってあったし、島内放送でもやたら告知してもらったけど…
今回の落語会は念願とは言え…
ジャンボ宝くじで言うたら下二桁が揃った程度の喜びなのか?
いやいや…
どうやらコレは島時間らしい。
ポツリ、またポツリ集まって下さった。
なんとか開演時間には60人ほどに。
来て下さったお客様は沖縄らしくとてもノリがいい。
村長がオープニングのご挨拶で「落語家さんは一生懸命演じるので聞くお客さんは拍手を送るように」なんて言うたもんやから笑いとともにやたら拍手も。
「振込め!」でこんなに手もらったん初めてだった。

終演後はお世話になった島の皆様と一緒に打ち上げ。
料理がゆっくり出て来て…
コレも島時間?
ゆったりした時間が流れる。
泡盛が心地よく廻って最高の夜でした。
2017/04/22
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>
 
Copyright (C) 2007 Sanpu Katsura All Rights Reserved.