桂三風公式サイト さん風のたより
プロフィール 落語・イベント出演情報 客席参加型落語 お問い合せ
カテゴリー
リンク
記事検索
 
ライブから学ぶ

秋田市内に仕事で前泊。
こちらの友人にライブハウスへ連れてもらった。
久っしぶりのライブはシーナ&ザ・ロケッツ。
学生時代よく耳にしたバンド。
ロビーに溜まってるお客さんがほぼ私と同世代。
シーナさんは、残念ながら他界されたが鮎川さんのギターは健在だった。

50代後半でオールスタンディングは…結構辛い。
激しく盛り上がる事は無かったがみんな楽しそうだった。
ツカミのトークは、鮎川さんの秋田へ学生時代に農業研修に来た話。
69才になった今年はロックイヤー。
そこで全国47都道府県を回ってシーナツアー。
など秋田との繋がりや秋田に来た意味などやっぱ地元ネタはツカミとして最高!
お客さんが喜んだ。
そしてライブでも客席参加型。
【I LOVE YOU】という曲はシーナさんの「I love you」というドナリから入るのでシーナの代わりにみんなに叫んで欲しいと鮎川さんが言う。
練習はしない!
でもおまじないを1つ。
「セーノ」というおまじないをかけよう!
このおまじないという言い方は素敵だった。
こんなライブを見ててもつい落語会と置き換えてモノを見てしまう。
気になったのはオープニングアクト。
ちょっと長かったかな?
うちの師匠の独演会に出るときは極めて短く、出来るだけ師匠の作品をするように言われる。
前座があまり色や個性を出したりするとお客さんが戸惑う。
独演会の前座のあり方が単独ライブに来てわかりました。
2017/10/07
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 選別 | メインページ | コンパス >>









url: http://blog.sunpoo.net/trackback/1635255
 
Copyright (C) 2007 Sanpu Katsura All Rights Reserved.