桂三風公式サイト さん風のたより
プロフィール 落語・イベント出演情報 客席参加型落語 お問い合せ
カテゴリー
リンク
記事検索
 
紹介文

ある中学校の『落語鑑賞会』
学校側が子どもたちに配った紹介文を見てがっかりした。
何でこんなにたいそうな紹介をするのだろう?
『落語鑑賞会』というタイトルも気に入らない。
『落語を楽しむ会』やったらなんでアカンの? 落語は鑑賞するものやない。
おもしろかったら笑らたらええし、おもしろなかってらそんな演芸なんや。
人生経験なんか積まなくてもおもしろいもんはおもしろい。
伝統芸だの文化だの高尚な事は関係ない。
ただ、私は1人でも多くの方に楽しんでいただきたいと思って落語をしている。
相手が中学生でも一緒。
落語は大衆話芸。
へんなハードルを上げないで欲しいと思いました。
2018/03/02
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 発表会 | メインページ | 不思議なペン >>









url: http://sunpoo.jugem.jp/trackback/1635421
 
Copyright (C) 2007 Sanpu Katsura All Rights Reserved.