桂三風公式サイト さん風のたより
プロフィール 落語・イベント出演情報 客席参加型落語 お問い合せ
カテゴリー
リンク
記事検索
 
雨の日も火事の日も…

昨年9月から毎月第2水曜日に開催している『桂三風の西新道亭』
今回は、朝から雪混じりの雨で寒い日となった。
前売り券を売ってないウチのような落語会は開演前の天候がお客様の動員に大きく影響する。
案の定、今回は空席がちらほら。
りょうば君の元気な高座の後、新年最初の会なので「テレショップパニック」(客席参加型落語)で大いに盛り上げていこうとした矢先。
会場の前を消防車が走り抜け、近くでサイレンの音が鳴り響く。
コレがあまりに近い。
近所のお客様がほとんどの落語会なので「うちの家は大丈夫か?」気になって仕方ない。
立ち上がって表に出る方も…
ほとんどのお客様が私より外の様子を伺っている。
「主催者の方が火事の現場の様子など確認しに行ってます。ここではないので大丈夫ですよ!」と言ったもののネタに入りにくい。
まあ、私は参加型落語やし短いネタなのでワアワア言うてる間に終わったが、気の毒なのは次に出る鹿えもん君。
高座に上がったところで火事現場を確認しに行ってた方が戻って来られた。
「ちょっといいですか?今の火事は、皆さん商店街から仏光寺通りを東に行ったところにマンションの工事現場ありますね。あの前の焼き鳥屋さんの隣の○○さん。あそこのおばあちゃん今年○○歳…(ここから一人暮らしのおばあちゃんの説明が色々あって)そのおばあちゃんの家から火が出て幸いケガもなく無事…(助け出される様子がしばらくあって)もう鎮火しました。ご安心下さい。では…どうぞ!」
この報告の間、ジッと高座の上で待ってる鹿えもん君の気まずそうな顔。
さあ、第一声どうギャグにするのか?楽しみに聞いたら…
「はい、皆さん無事で良かったですね。…では、さようなら。」
大爆笑でした。
いやぁ…コレこそが生の高座の醍醐味です。
2019/01/09
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 【第68回 桂三風の早起き寄席】 | メインページ | お詫びと訂正 >>









url: http://sunpoo.jugem.jp/trackback/1635512
 
Copyright (C) 2007 Sanpu Katsura All Rights Reserved.