桂三風公式サイト さん風のたより
プロフィール 落語・イベント出演情報 客席参加型落語 お問い合せ
カテゴリー
リンク
記事検索
 
サンタさんからの手紙

いつまでもサンタクロースがプレゼントを持って来ると演出すべきなのだろうか?
楽屋で話したある芸人は、「子どもが信じてくれてるうちはズッとサンタを演じる。」と言っていた。
彼は、パパ友同士で、お互いの家にサンタしに行っているそうだ。

バレかけた人もいた。
サンタさんが持ってきたプレゼントに近所のトイザラスの保証書が入っていたらしい。
値札はがしとと共に、お店には保証書とレシートも親に渡して欲しいと言っていた。

そうかと思えば、ヨソはヨソ。ウチはウチ。
「ウチにはサンタさん来ない事になってんねん。」と子どもの頃言われて、かつてサンタさんのプレゼントなんかもらった事ない人もいた。
各家庭によって様々だ。

郵便局では、予約しておいたらクリスマスにサンタさんから手紙が来るサービスがある。
クリスマスに、サンタクロースの国フィンランドからAIRMAILが届く。
フィンランドの切手が貼ってある。
「フィンランド語で書いてあったらどうしよう?」

開けて見ると、子どもの心配をよそに見事に日本語の、それもひらがなで書かれていた。
2019/12/25
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
<< そばアレルギー | メインページ | 正月らしく >>









url: トラックバック機能は終了しました。
 
Copyright (C) 2007 Sanpu Katsura All Rights Reserved.