桂三風公式サイト さん風のたより
プロフィール 落語・イベント出演情報 客席参加型落語 お問い合せ
カテゴリー
リンク
記事検索
 
やっぱり痛感

久しぶりに屋外で落語をした。
しっかり聞いて下さるいいお客様だったが…
やっぱり空間でないとお客様をズッと引き付けるのは難しい。

客席参加型落語で惹きつけようと頑張りました。
暑さとも闘いました。
2017/08/05
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
子ども向けイベント
行きつけの銭湯【天山の湯】に行ってビックリした。
入口を入るといきなり恐竜が。

二階に上がるとトリケラトプス。
ボタンを押したら動いてたり吠えたりして子どもたちは大喜び。

フロント前にも。

レストラン入口にも。

おまけにメニューまで「恐竜の卵風“皿うどん”」やて。

子ども向けの楽しい企画でした。

『繁昌亭昼席』でも「親子ウイーク」という子ども向けイベントを8/14〜8/20開催します。
私も出演します。
是非お越し下さいませ。
2017/08/03
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
信じるものは…

玄関にまたこんな神さんがやって来た。
その上には『祇園祭の粽』

玄関入ると正面にマリア像。

トイレに烏枢沙摩明王。

台所には韋駄天様。

風呂場には跋陀婆羅菩薩。

床の間にはこんな神さんやお地蔵さんも。

我が家はいったい何を信仰しているのか?
自分自身でもわからなくなってます。
2017/08/02
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
朝席はじめました
「冷やし中華はじめました」
ラーメン屋さんの店先にあるようなポスターを【繁昌亭】にも要るかな?

私は【繁昌亭】オープン当時から土日に『桂三風の早起き寄席』や今日から始まった『火曜の朝席』を開いて来たが…
今月から【上方落語協会】の朝席が毎週火曜日に開催される。
今日がその1回目。
商店街の入口でチラシ撒いたり声かけたり…
さすがに平日の朝から「ほな行こか?」てなお客様は少なかった。
初日は35名。

定着には時間がかかるもの。
ぽっかりスケジュールが空いた方。
お友だちとランチする前にちょっと何か楽しみたい方。
南森町近辺をウォーキングしててちょっと涼みたい方。
火曜日なら【繁昌亭】は朝からやってます。
ちなみに今月8/22は私が主任です。
前売りまだ3枚しか出てません。
2017/08/01
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
鳥取らしく

鳥取中部地震の震災復興を祈念した落語会『倉吉白壁土蔵群修理応援落語会』が北浜の【郷音(さとね)】さんで開催された。
“鳥取県八頭町観光大使”の私の落語と鳥取のお酒と鳥取お料理を楽しんでいただく落語会。

お客様は、ほどほどが鳥取出身の方。
鳥取県の県民性として奥ゆかしいところがある。
親しくなればトコトンお付き合い下さるのだが…今回は何分初回。
落語も決してノリが言い訳ではない。
一席目は、私の真骨頂でもある客席参加型落語で盛り上げるつもりだったが…そんな空気でもなかったので「振込め!」を。
二席目は、料理屋の落語会に合わせて「青菜」を。
落語終わりでお客様のテーブルを回ってやっと親しくなったような感じ。
美味しいお酒と料理と鳥取の話で会話が弾み楽しいひと時でした。
2017/07/28
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
奮闘

『天神祭船渡御』ではいつも“あきんど丸”に乗船して司会と盛り上げを担っている。
例年、もう一人若手の落語家に手伝ってもらってるのだが…今日、若手落語家は忙しい。
今年は一人でとり仕切った。
17:30ごろからスタートして下船の21:30まで。
いつものように東大阪市布施の“足代だんじり”の皆さんが乗って下さってるのが心強い。


今年はお客様が乗船されてから出航までの時間が長かった。
船の停泊してる位置や祭の進行具合でずいぶん変わる。
停泊したままの風も通らない、日差しもまだあるこの1時間数十分でお客様に祭の高揚感のスイッチを入れてあげる。
ややもすれば退屈してしまいがちな時間を盛り上げるのはキツい。
まして一人で。
19:00いよいよ出航。

船が出てしまえば否応なしに皆さんのテンションが上がる。
“あきんど丸”オリジナルの客席参加型大阪締めも決まってきた。

花火が上がり出したらもう勝手に盛り上がる。
今年は出航が遅かったおかげで花火のタイミングはすこぶる良かった。

篝火の船には何回も大きな火を焼べてもらった。
今回は、へばって来たら“足代だんじり”の皆さんに助けてもらった。

長年一緒にさせてもらってて阿吽の呼吸ができる素敵な仲間。
川風も程よくあり比較的涼しい『天神祭船渡御』の“あきんど丸”は大いに盛り上がりました。
ご乗船いただいたお客様方。
ありがとうございました。
2017/07/25
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
稽古量

毎年7/22.23のいずれかに、相生橋の上の特設ステージで開催される『宗右衛門町まつり』の司会に行っている。
今年は土日と言う事もあって15:00スタート。
今回は初日の18:00から22:00までを担当する事に。
姫路の落語会終わりで駆けつけて資料の下読する余裕もなく『ミス宗右衛門町コンテスト』の司会はちょっとキツかったが…楽しかった。
初日のステージのトリはフラメンコの『帝塚山スタジオ』

総勢20数名が相生橋の特設ステージで所狭しと踊るフラメンコは圧感だ。
ギターもカンテももちろん生で心地いい。
フラメンコの楽しさを存分に味わえる。
今年は比較的涼しかったとは言え屋外の舞台。
我々、司会してるだけでもダラダラ汗流れてくるのに…皆さん涼しい顔。
カッコええなァ。

このステージの何十倍も過酷なレッスンを積んで来られてるのだろう。
想像するに、皆さんの稽古量はハンパやない。
落語のように、移動中や電車の待ち時間に稽古できるモノでもないし。
どうやって時間を作って稽古されているのだろう。
こういったステージを見るたび「さぼってるなぁ〜」と実感させられます。
2017/07/22
| 桂三風 | 落語・イベント出演情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
フィッシュセラピー


うちの近所の温泉のロビーにある水槽。
“フィッシュセラピー”と言って、小さな魚が足の角質や老廃物を食べてくれると言う。
ロビーにあるのでついつい他人がやってるのを見るが…
メチャクチャたくさん魚が寄って来る人もあれば、そうでもない人もいる。
足が見えないくらい魚が集まってる人は…
気のせいか汚そうな足をしている。
風呂上がりに試してみた。
15分300円。

メチャこそばい。
「鉄砲勇助」の猪の腹の中から出て来た猪の子どもが16匹「親の仇〜」とばかりに出来立ての小さな牙で突く…
たぶんアレよりこそばい。
おかげで足がツルツルになりました。
でも…なんで風呂上がりやのにこんなに魚が食いついたんかな?

私の足はそこまで臭いのか?
いやいや、客が少なくておなか空いてたんでしょ。
2017/07/21

| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
爆笑打率

連休明けの『動楽亭昼席』
厳しいと思いつつも桂吉弥さんが出てるからそれなりに入るだろうと思ってたが…
やっぱり少なかった。
もっぱら私がお客様を呼べる落語家でないのもいけないのだが。

師匠には「何で客、呼ばれへんねん!」とよく言われる。
「こいつは絶対笑わせおる」と言う“爆笑打率”を上げんとアカン。
米朝事務所のホームグラウンド【動楽亭】
この何となくアウエー感のある中でとくに笑わさなアカンのに…4打数1安打1四球くらいの高座でした。
2017/07/18
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
心に響かせる

『祇園祭 山鉾巡行』を初めて見た。
雅で京都らしい。
美しくて「ええもん見せていただいた」感はある。
気のせいか?鉾や山を引っ張ってる人が楽しんでると言うよりドヤ顔だった。
中には疲労感たっぷりの人もいた。
まあ、見てた場所がせんど歩いてゴール近くの烏丸御池付近やったからか?笑顔の人は少なかった。

いつだったか?
舞台袖で私の落語を聞いて下さってた宮川大助師匠に「君、落語楽しんでやってるか?」と言われた事がある。
その時は、前にテレビの人気者ばかりが続いて後ろは大助花子師匠。
お客様は落語を求めてないだろうと思って演っていた。
図星だったのだ。
自分が楽しんでない時はウケない。
お客様の心に響かせるには先ず、自分が楽しまないといけない。
祇園祭を見てて思いました。
2017/07/17
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>
 
Copyright (C) 2007 Sanpu Katsura All Rights Reserved.